お気楽ミセスのHAPPYライフ〜アメリカ生活 in Texas〜
2012年11月にミリタリーの旦那さんの移動でアメリカのテキサスに引っ越して来ました。それからの生活や育児についての日常を書き綴っています。





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

2014.10.17  在ヒューストン日本国総領事館での証明書の取得について


今回『 在留証明書 』と 『 サイン(署名)証明書 』が必要になり、いろいろとネットで調べながら在ヒューストン日本国総領事館で取得して来ました。
領事館などで多少の違いはあるようですが、必要書類は大体似たような感じになります。
ご自身で管轄の領事館に確認を取るのが一番確実ですので、参考までにして下さい。
在ヒューストン日本国総領事館のサイトはこちら≫≫


『 在留証明書 』とは、
外国のどこに住所(生活の本拠)があるのかを証明するもので、日本国内の住民票その他の住所証明書に代わるものとして必要になるものです。

原則、本人が来館しての申請と受領になりますが、特殊な場合に限り代理人でも可能だそうです。

☆必要書類 (現住所の証明の場合)
*申請書

本籍地の記載形式が都道府県のみか、住所全てかの違いがあります。
事前にどちらの形式の証明なのかの確認が必要です。
また、住所全て記載の場合には戸籍謄本通りに記入をしなければなりません。

*有効なパスポート(日本旅券)
*米国滞在許可証(グリーンカード、査証など)
*現住所を立証できる書類(運転免許証などで氏名及び住所の記載があるもの)
*手数料 12ドル


************************************

『 サイン(署名)証明書 』とは、
本人のサイン(署名)及び母印であることを証明するもので、日本国内の印鑑証明書に代わるものとして必要になるものです。

本人が来館してのみの申請と受領になります。
なお、サイン(署名)のみの証明となり、住所の記載はありません。

☆必要書類
*申請書

形式が張付型と単独型で違います。
事前にどちらの形式の証明なのかの確認が必要です。

*有効なパスポート(日本旅券)
*米国滞在許可証(グリーンカード、査証など)
*現住所を立証できる書類(運転免許証などで氏名及び住所の記載があるもの)
*サイン(署名)を必要とする書類

領事館で直接サイン(署名)をしなければなりません。
事前にサイン(署名)をした場合は、証明書の申請はできませんので注意して下さい‼︎

上記がない場合は、領事館の定型様式になります。

*手数料 18ドル

手数料ですが、毎年額が異なるようです。
また支払いは現金で、パーソナルチェックやクレジットカードは不可でした。


『 サイン(署名)証明書 』については、アメリカの場合は大使館や領事館だけではなく公証人役場(notary office)でも取得が可能とのことです。
ただし、サイン(署名)証明書を別紙で発行するのではなく、サイン(署名)を必要とする書類に公証の文言を記載したスタンプと公証人役場のスタンプを押し、公証人がサインをする形式になるようです。

私は今回、住所の記載があるサイン(署名)証明書か、住所の記載がない場合には在留証明書の添付が必要となるものだったので、在ヒューストン日本国総領事館での取得となりました。

ちなみに、在ヒューストン日本国総領事館には無料の指定駐車場がありません。
私の利用した駐車場の料金は、12ドルでした。
また、証明書の申請から取得までの時間は30分程度でした。



スポンサーサイト

人気ブログランキングへ

プロフィール

Bluere

Author:Bluere
専業主婦で、一児の母親です。
初めての子育てや海外生活などで、日々感じたり経験した事などを書いてます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

いくつになったの

月別アーカイブ

ブログランキング

ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると励みになるので゚+◎b`ゝ∀・)φ…よろしくです゚
FC2Blog Rankingへ
人気ブログランキングへ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。