お気楽ミセスのHAPPYライフ〜アメリカ生活 in Texas〜
2012年11月にミリタリーの旦那さんの移動でアメリカのテキサスに引っ越して来ました。それからの生活や育児についての日常を書き綴っています。





--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

2014.11.21  受け取り証明(Return Receipt)について@アメリカ郵便局(USPS)


今回初めて、受け取り証明(Return Receipt)を利用して郵便を送りました。
アメリカ郵便局(USPS)は少しややこしいので、今後の参考のためにもその方法について書き残そうと思います。
未だに郵便の種類についてもよく理解できてないんですよね(´ー`A;) アセアセ

受け取り証明(Return Receipt)を申し込むと、受け取り人のサイン、日時、住所が記載された証明書が送られてきます。
受け取り方法は2種類あり、
★ 普通郵便での郵送(Return Receipt)  $2.70
★ Emailへの送信(Return Receipt Electronic) $1.35
です。

また、この受取り証明(Return Receipt)特急郵便(Express Mail)、配達証明(Certified Mail)、代金引換払い(Collect on Delivery)、書留郵便(Registered Mail)、50ドル以上の保険(Insureed Mail)とかと一緒にしか利用できません。

ちなみに私は、配達証明(Certified Mail)と一緒にEmailへの送信(Return Receipt Electronic)を利用しました。

***********************

Emailで受け取るのための手続き方法です。
※レシートに記載されている内容で、変更などがあるかもしれませんのでご自分のレシートよくを読んで確認して下さい。


① アメリカ郵便局(USPS)のサイトへ申し込みの翌日以降にアクセスする。

② 追跡(Tracking)をクリックして、レシートに記載されているReturn Receipt Label Numberを入力する。

③ Return Receipt Electronicをクリックして、名前とEmailアドレスを入力する


配達が完了すると、入力したEmailにPDFにて証明書が届きます。
ちなみにこの手続きは、申し込み後60日以内は可能とのことです。
アメリカ郵便局(USPS)のサイトはこちら≫≫



スポンサーサイト

人気ブログランキングへ

2014.10.18  日本に重要な書類を送る@USPS(アメリカ郵便局)


はるばるヒューストン(Houston)まで行き取得した、重要書類の証明書を日本まで送らなければなりません。
どの方法が安全で確実に届くのか調べてみましたが、送料が高すぎるのも嫌なので、多少の不安はあるもののUSPS(アメリカ郵便局)を利用する事にしました( ´艸`)

何が不安なのかと言うと、やっぱり… 紛失。
日本と違ってたまに郵便事故が起こりうるのがここアメリカ。
無事に届いたとしても封筒や中身もボロボロだったりして、日本とはだいぶ事情が違います。
とは言え、何処にでもあるので利用し易いんですけどね。

で、普通の封書料金で送れば一番安くつくのですが、それでは記録も残らないし追跡(Tracking)も出来ない。
紛失のリスクも高くなるし…意味が無いですよね。
ちなみに普通国際郵便(First-Class Mail International)料金だと$1.15になります。

**************************

次に安い料金が日本には無い種類の準速達航空便国際郵便(Priority Mail International)で一応追跡(Tracing)は出来るのですが、
国内のみ。。。
日本に送るのであまり意味が無いですね( ´△`)アァ-

それに保険も付いてないので紛失しても何も戻ってこない。
配達日数は6〜10営業日になります。
この場合、定型封筒(Flat Rate Envelope)料金は通常で$24.75になりますが、オンラインだと割引きがあり$23.50になります。

****************************

その次は今回私が利用した国際スピード郵便=EMS(Priority Mail Express International)になります。
これだと日本まで追跡(Tracking)も出来て、保険も$100までは無料で付いています。
配達日数は3〜5営業日になります。
定型封筒(Flat Rate Envelope)料金は通常で$46.50になりますが、オンラインだと割引きがあり$42.75になります。

****************************

日本に比べると書類を送るのはかなり割高になりますが、こればかりはどうしようもないので仕方が無いですね。
なんたって重要書類ですから(´∀`;A

USPS(アメリカ郵便局)の国際郵便料金のサイトはこちら≫≫
送り先の国(Select a Destination)と送る物の金額(Item's Value)を入力して、郵便の種類を選ぶだけで簡単に調べられます。



人気ブログランキングへ

2013.04.27  アメリカの郵便料金はForever?! w(('Д'))wワァオ!!


日本に手紙を送りたいと思い旦那さんに切手代がいくらなのか聞いたら、
『送った事ないから知らないよ、郵便局で出せばいいよ。』と言われ、
毎回郵便局に行くのは面倒だと思い自分で少し調べてみました。

アメリカにはフォーエバー切手(Forever Stamp)と言う永遠に使える切手?!があります(ノ∀`*)ンフフ♪
簡単に説明すると
販売当時の値段で買えば、たとえ郵便料金が値上がりしても追加料金を足すことなく使えるとても便利な切手です。

現在、国内普通郵便の切手(First-Class Mail)が46¢(1オンス=28グラムまで)ですが、値上がりしてたとえば50¢になれば50¢の切手として使うことができます。
料金を気にせずに使えるなんて本当に便利ですよね~☆・:゚*オォヾ(o´∀`o)ノォオ*゚:・☆

このフォーエバー切手(Forever Stamp)は、国内普通郵便の切手(First-Class Mail)の46¢が、2011年より一部の例外を除いて全てフォーエバー切手(Forever Stamp)となっているので種類が多いです。


2012年発行の4つの旗(1枚46¢)
一般に20枚綴りで販売されています♪
Forever® Stamp (Four Flags)

2011年発行のMail a Smile(1枚46¢)
Forever® Stamp(Disney•Pixars)


他にも色々な素敵なデザインがありネット販売もされていますが、別途手数料が掛かるそうです。(郵便局(USPS)のサイトはこちら≫≫

でも以外にもこのフォーエバー切手(Forever Stamp)の歴史は浅く、2007年4月から始まったそうです。
ちなみにアメリカではこの切手は普通にスーパーなどでも販売されていてレジで購入できます。


また今年から新しく国際フォーエバー切手(Global Forever Stamp)が発行されました゚+.( *≧∇)ノノノ*.オオォォ☆゚・:*☆
現在、国際普通郵便の切手(First-Class Mail International)が$1.10(1オンス=28グラムまで)で20枚綴りで販売されています。

私も早速旦那さんに頼んで買ってきてもらいましたよ♪♪
これで日本に手紙を送る時は1枚切手を貼ってポストに投函できます。
ちなみに海外のハガキの料金も手紙と同じ$1.10です(*゚Д゚*)ェ…
詳しい郵便料金はUSPS-First-Class Mail International≫≫


地球をイメージした素敵なデザインです。
少し大きめでこれで1枚の切手$1.10
Global Forever® Stamp


人気ブログランキングへ

プロフィール

Bluere

Author:Bluere
専業主婦で、一児の母親です。
初めての子育てや海外生活などで、日々感じたり経験した事などを書いてます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

いくつになったの

月別アーカイブ

ブログランキング

ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると励みになるので゚+◎b`ゝ∀・)φ…よろしくです゚
FC2Blog Rankingへ
人気ブログランキングへ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。